ゆらこオフィスでは、インターネットを通じて、ウェブサイトやアプリの利用規約、プライバシーポリシー作成、業務委託契約書等のビジネス契約書作成に対応しております。

 契約書作成

契約というのは口約束でも成立しますが、書面にしておかなければ後で言った言わないのトラブルになってしまいます。
当事者間で何か取り決めをしたときには、契約書を作成しておくのが安心です。

契約書の書式はインターネットでも探すことができますが、個々の事情がありますから、書式がピッタリ当てはまるということはなかなかないはずです。
また、インターネットで見つかる契約書の書式には不十分なものもたくさんあります。

民法には契約自由の原則がありますから、当事者間でどのような契約を締結しても基本的には自由です。
ですが、公序良俗違反や法律違反などの理由で、契約が無効になってしまうこともありますから、契約を結ぶときには慎重にならなければなりません。

当オフィスでは、お客様の状況を詳しくヒアリングし、完全オーダーメイドの契約書を作成します。
ビジネス契約書、個人間の契約書等、あらゆる契約書の相談に応じますので、お問い合わせください。

例)
業務委託契約書、秘密保持契約書、使用許諾契約書、金銭消費貸借契約書、債務弁済契約書、賃貸借契約書、売買契約書、贈与契約書、債権譲渡契約書、委任契約書、任意後見契約書、示談書、合意書、誓約書、念書、借用書など

その他、ご相談ください。

 

●料金 22,000円(税込)~

契約書の種類、内容によって変わります。
事前に見積もりいたしますので、お問い合わせください(見積り無料)。

 

利用規約・プライバシーポリシー作成

主にインターネット上のサービスに設置する利用規約やプライバシーポリシーを作成いたします。

利用規約とは

インターネットでサービスを提供する場合にも、利用者とサービスの利用契約を結ぶことになります。
しかし、インターネット上のサービスでは、利用者といちいち契約書を交わすわけにはいかないでしょう。
そのため、利用規約を作成し、利用者が利用規約に同意することで契約が成立したとする扱いにします。

つまり、利用規約は契約書がわりになるものです。
インターネット上でサービスを提供する場合、必要事項をきちんと定めた利用規約を作成しておかなければ、多額の損害賠償を請求されたり、著作権などのトラブルに発展したりする可能性もあります。

当事務所にご依頼いただいた場合、サービスの内容を詳しくお聞きした上で、オーダーメイドの利用規約をお作りします。
新たにサービスをスタートさせる際には、ぜひご相談ください。

プライバシーポリシーとは

「プライバシーポリシー」は事業者が利用者の個人情報をどのように取り扱っているかを示したもので、利用規約と同様ウェブサイトに設置されているのが一般的です。
「個人情報保護方針」というタイトルになっていることもあります。

事業者が利用者の個人情報を取り扱う場合には、個人情報保護法を遵守しなければなりません。
たとえば、利用者から個人情報を取得する際には、利用目的を特定し、本人に通知する必要があります。
また、個人情報を第三者に提供する場合には、原則として事前の同意が必要です。
プライバシーポリシーを活用すれば、自社が法律を守っていることをアピールできるほか、個人情報管理の効率化が可能になります。

なお、個人情報保護法は2022年(令和4年)4月に改正があり、プライバシーポリシーへ追記した方がよい内容も増えています。
既に作成しているプライバシーポリシーの見直しもいたしますので、お問い合わせください。

これまでの利用規約・プライバシーポリシー作成実績

翻訳サイト、求人情報サイト、婚活サービス、趣味系コミュニティサイト、SNS、ネットショップ、スマホアプリ、マッチングサービス、ニュース投稿サイトなど

料  金

利用規約作成 33,000円~

利用規約+プライバシーポリシー作成 44,000円~

ウェブサイト利用規約作成のポイントもご参照ください。

契約書・利用規約は1年間のアフターサポート付きです!

ゆらこオフィスでは、契約書を納品して終わりではありません。
納品後、1年以内は無料で加筆・修正(契約内容を大幅に変更する場合を除く。)いたします。
実際に運用してみて、修正したい点が出てきましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話受付(月~日 9時~18時)06-6450-6772恐れ入りますが電話がつながらない場合にはかけ直すかお問い合わせフォームをご利用ください

お問い合わせフォーム